クラブ紹介

部長あいさつ

田中部長 昨年度のミラノ工科大学での在外研究期間中は,多くの方々にご迷惑をお掛けしましたこと,この場をお借りしてお詫びと感謝を申し上げます.在外研究もコロナウイルス感染症拡大のために約1ヶ月の短縮を余儀なくされましたが,3月9日に無事帰国致しました.ご存知のように,2月末にイタリア北部のロンバルディア州(州都はミラノ)を中心に急激な想像を絶する感染者の拡大が始まりました.1月初めに中国武漢からこの新型コロナウイルスの報告がなされてたったの3か月で欧州を中心に世界中の主要都市がロックダウンし,国境封鎖が続いています.国と国との自由な往来が禁止され,世界中で多くの人々の行動が制限されています.国内でも自由な行動が奪われつつあります.同志社大学では,2019年度の卒業式および2020年度の入学式が中止となり,対面授業の開始も当初は4月21日からであったのが,現時点(4月21日時点)では5月12日から講義は再開しますが,原則対面授業はせずWeb講義を行うことになっています.新入生の歓迎に関する行事も全て中止となってしまいました.また4月3日より,全ての大学公認団体に対して当面の間,全面的な活動の禁止要請がなされました.これによって,対外的な試合等のイベントへの参加(ほとんど中止となっていますが)や日々の練習も出来なくなっています.さらには,この禁止措置がある間の学内への入構制限も出されています.次々に出される制限に,全員が戸惑っています.私は,これを機にイタリアの高校の校長先生が学生達に送った記事で,朝日新聞に3月2日に掲載された内容を水泳部の学生達に配信しました(「休校の今,皆さんに伝えたいこと イタリアの校長が話題」こちらを参照してください).SNSで広く知られるようになったので,多くの方々がご存知と思いますが,今回のコロナ感染症の影響により学校に来られなくなった学生に宛てたメールです.現在の日本国内も1か月遅れで全く同じ状況です.この記事では,特にこんな時だからこそ出来ることを中心に活動するように説いています.恐怖を煽ることなく,危機を前向きに捉え,今だからこそできることに取り組もうと書かれています.これを自分達に置き換えると,日頃は出来ない水泳に関連する本を読むこと,もし録画があれば自分のフォームの見直しや有名選手の録画を見る等,考えれば色んなことがあると思います.その蓄積よって,普段の練習が出来るようになった時にその成果が反映されるのではないでしょうか.この期間に,それをやるかやらないかによってこの先で大きな差がつくのではないかと思います.
東京オリンピック開催も1年延期となりました.これを逆に好機と捉え,部員には競技が再開したら1年先を見据えて頑張ってもらいたいと思います.OB・OG各位におかれましても,「Stay Home」を守りつつ,体調管理に注意してストレスを溜めることなく過ごしていただければ幸いです.また,この報告が掲載される頃には,この感染症が少しでも収束に向かっていることを願っています.

2020年4月吉日
同志社大学体育会水泳部
部長 田中 達也

Copyright (C) DOSHISHA UNIV. SWIMMING All Rights Reserved.