OB・OG会

会長あいさつ

萩野会長  OBOGの皆様には毎年物心ともにOBOG会活動へのご理解、現役諸君への応援をいただき誠にありがとうございます。紙面をお借りいたしましてお礼申し上げます。
 このような時期ではありましたが、3月14日(土)に新島会館におきまして令和2年度のOBOG総会を開催しましたことをご報告申し上げます。もちろん大学からの指示、要請もありOBOGのみでの開催とし、卒業生送別、新入生歓迎の懇親会は中止といたしました。
 総会資料につきましては別途資料をご確認いただきたいと存じますが、毎年会費納入者数が増加し、昨年度は122名の会費振り込みをいただきました。
ほぼ半数に近い会費納入となってまいりましたがまだまだ潤沢に現役の応援ができるとは言い難く、また大学よりの強化指定クラブもあと二年が期限となっておりますので、昨年末に樋口監督より若手OBOGの皆様にお願いをいたしました会費引き落としのお願いの手続きを進めて頂きたく重ねてお願いする次第です。
 また、本年は昨年度会費納入いただきました皆様に『同志社スポーツの歩み』と『同志社スポーツユニオン名鑑』を送らせていただきました。お願いばかりで恐縮ですが、一昨年度総会で決議いただきました2025 ALL DOSHISHA募金へのご協力も併せてお願いいたします。
 現役指導体制につきましてはS61年卒大成高校教員の冨井弘之さんにヘッドコーチとして競泳の現場指導に権限と責任を持ってあたっていただくことといたしました。
新型コロナウイルス感染症の影響でオリンピックも延期となり、学生の試合開催につきましても不透明な状況ですが、非常事態が解除され練習再開が可能となりましたら、出遅れることなく素晴らしいパフォーマンスが発揮できるよう現役学生諸君には今それぞれかできる体力維持や解除後の取り組みについて考えて頂きたいと思います。
 総会で引き続きOBOG会長を拝命することとなりました、全力で現役諸君のバックアップをしてゆく所存です。OBOG皆様のご指導、ご鞭撻をお願いいたします。
 最後になりましたが、皆様が新型コロナウィルス感染症を乗り越えられますよう心より祈念いたしております、ご自愛ください。

2020年4月吉日
同志社大学体育会水泳部
OB・OG会会長 萩野 眞
【昭和54年 文学部卒】

Copyright (C) DOSHISHA UNIV. SWIMMING All Rights Reserved.